menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

女性の1人旅では、これに気をつければ楽しめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では女性の一人旅も増えてきています。1人旅そのものは昔から若者に人気で、とくに学生の方は一度は経験のある方が多いのではないかと思います。しかし、女性の1人旅となると、旅先での治安や宿泊先の清潔さ・プライバシーなどの問題が気になってしまい、なかなか一歩を踏み出すことができなかった方もいると思います。ここでは、最近の女性の一人旅がより快適に行えるための施設充実やお助けアプリの存在などの情報を紹介します。



1人旅の醍醐味

1人旅は男女問わずに人気の高い旅のスタイルと言えます。それは、行き先や交通手段そして宿泊先や行動計画などが、全て自分の好みで決めることが可能になるからです。これは思った以上に魅力的なことです。なぜなら、旅先では同行者と終始同じ空間にいますし、旅先でのトラブルも何かしら起こるものです。そうすると、旅の前には良い所ばかり目に映っていたような人に対しても、何かしらの不快感をもってしまう場面も出てくるでしょう。また、恋人や家族ともなれば、気心が知れているぶん、大ゲンカになって旅が台無しになってしまった、なんてことも皆さん経験がおありかと思います。
そこで、全てを自分の好みで計画できるのが1人旅の醍醐味です。また、綿密な計画を立てたからといって、これに縛られることなく気が向けば気軽に変更できることも魅力の一つですよね。

危険な場面に合わないために

そんな楽しい1人旅ですが、女性にとっては最近までなかなかハードルの高いものだったのではないでしょうか。その原因は、先程の述べたとおり旅先での危険が心配であったり、男性と違って部屋の清潔さや最低限の快適さが確保されるかが気になるという女性の特徴といえます。他にも、雑魚寝や共同の風呂・トイレでも平気な男性と異なり、ある程度のプライバシーの確保は必須でしょう。ただ、これは必ずしも女性だけに限ることではありません。男性の中にもこのような心配を抱えている方がいらっしゃるかもしれません。その場合には、ぜひ参考にしていただきたいと思います。
最近の1人旅では、より自分の好みに合ったお宿を見つけるためのアプリが開発されており、格安のものから古民家再生のゲストハウスのようなお洒落なものまで好きに探せるようになっています。また、ネットカフェも宿泊を意識したプランや施設のつくりが増えてきており、女性専用のシャワー付きスペースなども用意しているお店が増えました。そこでは、オートロックでその階に男性は立ち入り禁止など安心できるように考慮されています。また、宿泊先や観光地ごとに口コミや来客者からの評価を公表しているお店や観光地が増えてきており、危険な場面に合わないように計画をすることが可能になっています。

なによりも重要な計画性

このように女性の1人旅の安心安全を確保するために、様々なアプリやサイトが提供されています。行き先に困った時、宿泊するお宿選びに困った時には、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。これらを活用して入念に具体的な計画を立てておけば、旅前の心細さは減っていきます。そうすれば、旅先での楽しいことや人との出会いなどを楽しみになってくると思います。より楽しい旅にするために、早めに準備をしてみましょう。また、旅先での急な計画変更も1人旅の醍醐味だと前述しました。計画がしっかり作られていれば、少しの変更があった場合にも、簡単に調整をして軌道修正していくことが可能です。また、1人旅の必需品のスマホなどの電気機器の充電切れにそなえて充電器の準備は忘れないように気を付ける必要があります。また、スマホをなくした場合に、どこでネットを使えるかなど、いざという時の行動計画も立てておくとより安心です。

関連記事

  1. 悪魔とエクソシストが歌うミュージカルアニメ!Dance with…

  2. お金を使わずに遊べるスポット!こんな場所もあります。

  3. 休みの日何をしようか迷ったらいざ!ボートレースへ!

  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」

  5. 厄介者の孟宗竹を日曜大工でログハウス風物置に

  6. 楽しい思い出とする旅行の心得!こうすれば楽しくなる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る