menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

お金に困っている人必見!家計簿を付けるとお金が貯まる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月毎月、給料日前になるとお金がなくてカツカツな生活になっている社会人の皆様。先月、いくら収入があって、いくら支出があって、現在自分の総資産はいくらか、把握をしていますでしょうか。「そんな面倒なことしてない!」というあなた。実は自分の財務状況を知るだけで、お金が自然と貯まるようになるものなのです。本記事では、家計簿をつけ始めることで、お金がどうして増えるのか、その理由について3つのトピックに分けて記載をしています。



理由①:クレジットカードを賢く使えるようになるから。

よく「クレジットカードは危ないから、使い過ぎない方がよい」という主張をしている方がいますが、それはお金の管理ができない人が使うと、という大前提があります。そのため家計簿をつけて、しっかり自分の財務状況を把握していれば、安心してクレジットカードを利用することができ、むしろお金が増えるきっかけにもなります。下記よりクレジットカードを使えることで享受できるメリットを2つ紹介します。

クレジットカードのメリット①:ポイントが付与される。

多くのクレジットカードには、利用をするとポイントが付与されるようになっています。例えば、楽天カードだと、利用額の1%が楽天ポイントとして付与され、そのポイントを楽天の各種サービスの支払いに充てることができます。具体的な数値を用いてイメージすると、10,000円のレストランの食事代を、現金で払った場合、自分の財産状況としては、-10,000円となりますが、もし1%ポイントが付くクレジットカードで支払えば、同じく-10,000円となる一方で、100円がポイントとなるので、トータルのコストは-9,900円と考えることができます。この例ではたかが100円の差ですが、回数が増えるほど、金額が大きくなるほど大きな違いを生むようになります。

クレジットカードのメリット②:資産運用にお金をまわせる。

クレジットカードはとてもシンプルにいうと、”支払いの先延ばし”と言えます。もしクレジットカードの支払いに利息がかかる場合、なるべく現金で払った方が良いですが、翌月一括払いの場合、基本的に金利は0%です。つまり、先ほどのレストランの例を使うと、現金でその場で支払うと、即-10,000円ですが、クレジットカードで支払うと、翌月に-10,000円となるため、一時的にはなりますが、クレジットカード払いの方が、1ヶ月間長く、10,000円を保有することができます。
ここで登場するのが”資産運用”という考え方。上記の場合、1ヶ月間10,000円札を財布の中に入れておくだけでは、結局翌月-10,000円となるだけです。が、もしこの10,000円を投資にまわせば、1ヶ月間分の投資収益を得ることができます。例えば、月利1%の投資先に10,000円を投資すると、翌月100円の収益を得ることができます。先ほど、ポイントの例でも紹介した通り、投資期間が長いほど、また投資元本が大きいほど、収益の額は莫大な金額となります。

以上2点のクレジットカードのメリットをまとめると、もし10,000円のレストラン代を現金で払うと、トータルのコストは-10,000円ですが、もしクレジットカードで払うと、翌月に-10,000円となる一方で、ポイントが100円分、投資収益が100円分発生することで、トータルのコストは、-9,800円となります。このように、家計簿を付けることで安心してクレジットカードを使えるようになり、その結果お得な買い物ができるようになるのです。

理由②:外食代・飲み代を見直すきっかけになるから。

社会人の方は、同僚から仕事終わりに飲み会に誘われると、ついつい毎回参加をしていたり、夜ご飯は毎回自炊せず、外食をしていたりしていませんか?家計簿をつけ始めると、1ヶ月の総支出に占める飲食代の大きさにびっくりするはずです。だからこそ、この飲食代の使い方を見直すだけで、家計に多大な改善を加えることができるのです。例えば、毎週金曜に飲みに行くのが習慣になっている方は、まずは月2回までにしてみたり、夜ご飯の外食が習慣になっている人は、会社帰りに必ずスーパーに寄って食材を買うようにしてみたり、日々の習慣をちょっとずつ見直すことで、飲食代が圧縮され、結果として家計の負担を軽減させることができます。

理由③:携帯代や電気代など、固定費を見直すきっかけになるから。

生活をする上で、なくてはならない出費なのが、携帯代や電気代、水道代やガス代といった固定費です。ただ、なくすわけにはいかないから、という理由で、固定費の見直しを諦めていませんか?家計簿をつけ始めることで、固定費が食費と同様の割合で、支出額の大半を占めていることに気がつくはずです。そのため、理由②同様、固定費を軽減させることで家計の助けとなります。例えば、最近だと携帯代に関しては、格安携帯が登場するようになり、うまく使えば月額2,000円ほどで利用できるようになります。大手携帯キャリアの平均月額が6,000円ほどであることを考えると、半額以下に抑えることができるようになります。

以上、家計簿を付けるとお金が増える理由3つでした。まとめると大きく2点、「クレジットカードを積極的に使えるようになる」という点と、「毎月の支出を大きく占める食費と固定費を見直すきっかけになる」という点が、その理由となります。「そうは言っても、毎回家計簿が続かない・・・」という方は、最近話題になっている、家計簿アプリの利用をオススメします。自分の銀行口座と連携させることで、クレジットカードの支払額や電気代の支払い額などが、自動的に家計簿に反映されるようになり、管理が非常に楽ちんになります。最初のうちは家計簿をつけるのが面倒だと感じるでしょうが、習慣になってしまえば、まったく苦になりませんし、何より自身の財務状況が劇的に改善されることで、むしろ家計簿をつけることを辞められなくなるはずです。お金は短期間で増やすのは難しく、長期的なスパンで、小さい努力を積み重ねることで改善していくものです。まずは本日から、家計簿をつけてみることをオススメします。

関連記事

  1. お金を遠ざける!?「メンタルブロック」について

  2. 学生必見!! 集中力の上げ方 〜仕事などでも使えます〜

  3. 日常のリサイクル、エコから始まる節約への第一歩

  4. 空いた時間をお得につなげる懸賞生活の楽しさ

  5. 毎日の生活必需品はスーパーマーケットをフル活用しよう

  6. 本の選び方を工夫して知識を効率的に吸収しよう!「賢い本の選び方と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る