menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

今後絶対に役に立つ、専門的な知識が全く無くても良い写真を撮るコツ人物編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の時代は手頃なデジタルカメラが発売され、意外にお手頃な金額で手に入る物も多くあると思います。別に本格的なカメラマンで無くても良い写真が撮れたら、誰だって嬉しいと思います。知識が全くなくてもカメラマンをしている人だっています。知識だけでは語れないものが写真にはあります。ちょっとした工夫でその人の瞬間がとても輝きます。決して難しい事では無いので是非活用してみて下さい。



全身写真を撮る時は出来るだけ下から撮りましょう。

カメラは目で見たものをそのまま撮すのではありません。カメラが見たものをそっくりに撮すだけです。なので普段自分達が目で見たものと写真では違和感が多少なりともあると思います。そんな中で人物を入れて写真を撮る時(全身写真)の簡単なコツを話していきたいと思います。それはなるべくしたから撮影する事です。何故かといいますと全身写真を上から撮りますと短足の頭でっかちな写真になってしまいます。アップの写真ならそれで良いと良いのですが、全身写真は顔だけでなく全身を見る写真です。いかに綺麗な着物を着ていようが頭でっかちな写真では着物が台無しになってしまいます。撮り比べて頂くと分かるのですが、下から撮った写真の方が足が長く見えて写真としても綺麗に収まっていると思います。私がカメラマンをしていた時に全身写真を撮る時は必ずそうしておりましたが、他のカメラマンはしておりませんでした。それは何故かといいますと、撮るのが非常に疲れるのです。毎回毎回のお客様に対して下からのアングルでとっているととても足と腰が疲れます。がプロの人にできなくても、これなら素人にでもできます。是非一度試してみて下さい。

写真に撮す人の体の向きを変えましょう。

一般的に写真を撮る時には誰もが真正面に立ち、ハイチーズとなるかと思いますが、その時の体の向きを少し変えるだけで細く見えて、特に女性陣にとっては喜ばしい事だと思います。色々な雑誌の写真やモデルの写真を見てみて下さい。当然真正面のポーズもありますが、体をとぢらかに向けている場面がとても多いと思います。日本人は外国人の方みたいにスタイルが良い人種ではありません。どうしても短足の方が多いのは仕方がないと思います。が体の向きを変えるだけで不思議とすらっと見えるのです。単純な話真正面から見た時と真横から見た時とぢらが細く見えますか?という話なのです。そしてポイントなのは体は横ですが顔はしっかりとカメラの方を見てもらうという事です。スタジオ等でやるポーズなので少し違和感があるかもしれませんが、女性陣にとっては綺麗に写真に写るチャンスという事を説明すれば喜んでやって頂けると思いますので、是非試してみて下さい。

もしですが、これらの事に慣れてきたらレフ板を使って撮影してみましょう。

この時点で少し、ウッと思うかもしれませんがレフ板という言葉を外して下さい。早い話白くてある程度の大きさがあれば何でもいいのです。ハンカチだろうが、コピー用紙だろうが、発泡スチロールでも何でも良いのです。別にレフ板を買ってこなくても大丈夫なので安心して下さい。もしハンカチやコピー用紙でやるなら撮影の時に動かない様に本やバインダー等につけておく事をオススメします。個人的には発泡スチロールがオススメです。軽くてコピー用紙やハンカチよりも綺麗な光が反射します。光が何だと思うかもしれませんが、プリクラを思い出してみて下さい。何であれが美肌で写るのでしょうか?それは光のお陰なのです。光を顔全体にあててシワや影等を全て消し真っ白な美肌を演出しているのです。只プリクラですと何となく作った様な写真に見えると思いますが、レフ板の場合は自然な写真なのに綺麗な写真が撮れるのです。使い方も簡単です。全身写真ならカメラに映らない所に光が顔にいく角度で置いておいて下さい。それだけです。距離が離れているので下にパタンと置いてしまっては効果がかなりなくなってしまうので、バックがパイプ椅子等その辺にある適当なものに立てかけて使用して下さい。アップの写真ではモデルの足元にレフ板を持っていき、また身の回りの物に立てかけて使用して下さい。それだけで上からの光を跳ね返しモデルの顔を綺麗に写してくれます。レフ板の良い所は室内、室外問わずに利用できる点です。室外では太陽の光に、曇りでも雨でも多少の光が室内よりは必ずありますので、使用できます。室内では電気の光や窓からの光が利用できます。お金もかけずにこれだけでビックリするくらい綺麗な写真が撮れますので是非試してみて下さい。

関連記事

  1. 料理教室をつまみ食い 「お試しレッスン」のすすめ

  2. せっかく撮影したお気に入り写真を活用する!

  3. 秋の夜長は読書三昧・現代語訳で読みたい江戸文学(元禄~化政)

  4. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」

  5. 簡単な知識でワンランクアップ!デジタルカメラでの写真撮影術

  6. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る