menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

休日の過ごし方、溜まった疲れは持ち越さない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休日の過ごし方、空き時間の楽しみ方を考えた時、仕事と家族が目に浮かびます。
仕事の為の休養を優先するのか、家族サービスをして過ごすのか、はたまた自分の趣味の為に費やすのか、いずれにしても無理の無い休日の過ごし方、空き時間の楽しみ方を考える必要があります。



休日は自分の為に、空き時間は美味しい珈琲で

社会人は平日に仕事をこなして週末になると、精神的にも肉体的も疲労が蓄積しています。
休日は来週の為にリフレッシュしましょう。仕事中の空き時間はくつろげる場所で珈琲タイム。

そもそも休日は身体を休める日、一日じゅう空き時間にしましょう。

疲れた体を休ませる事は健康な状態を維持する為には大変重要です。休日はその為にあります。
予定は立てずにあえて空き時間とし、ゆったりくつろげる時間にしましょう。

どうすれば身体を休め空き時間を楽しめるか

疲労感によって身体の休ませ方は違いますが、くたくたに疲れているようなら睡眠時間を延長するとか、昼寝をプラスし空き時間があったら自分の趣味、映画を観る、将棋、囲碁、読書など好きなことで楽しもう。

休日は元気な自分を維持する為に、予定など組まず空き時間として開放しよう

体力の違いがありますから、休日の過ごし方も休ませ方もひとそれぞれです。
まず、はじめに疲労を回復させることが大切で、そして気持ちをリフレッシュさせます。
心と身体は一体ですから心だけリフレッシュさせようとしても、疲労を残していたら意味がありません。
それでは休日にいかに疲労回復をして心をリフレッシュさせるのか考えてみましょう。

優先させる事

疲労を回復させることを優先させるなら栄養のバランスを考えた食事と昼寝をして軽く散歩する。
午後から見たい映画があれば観に行く。この程度の過ごし方は無理が無いと思います。
それほど疲れていなければ、一日中、自分の趣味や遊びを疲れない程度に実践して自分の世界に浸りきる。理想はこの位の休日が良いと思います。
ここまで二例しか書いていませんが、何を言いたいかとゆうと休日は自分の健康管理の為に過ごしなさいとゆうことです。

大黒柱は休ませる

結論を言えばお父さんでもお母さんでも働いて家計を支える人が、疲れて身体を壊し病気になったりすれば家庭の安定がくずれてしまう。
子供たちと遊んであげられるのも健康であれば出来る事です。
家族を守り幸せな家庭を維持する為には、何を優先させる休日の過ごし方がベストなのか考えてみると答えは見えてきます。
子供を連れてテーマパークへ行くのがいいのか、趣味とはいえ度を超えて土日を利用して2000メートル以上の山登りに行くことが良いのか、
極端な例ですがチョット考えれば正しいか、正しくないか解ると思います。
山のニュースなどで大分無理をしたなと思えるような記事が時折目につきます。

遊ぶのも工夫

もしテーマパークに行くとしたら子供が十歳ぐらいになったら子供のお友達の家族と一緒に行って子供は子供同士で親は休憩しているのがベスト。
もし山に行きたくなったら年齢が増すほどに低い山に登るような意識と勇気をもってもらいたいです。
何故こんな事を書いたかとゆうと山だから危険で、平地なら安全とゆう訳ではなく、休日の過ごし方としては安全で疲れない方が良いとゆう事です。
子供たちとも遊んであげたいし、大好きな山登りもしたい、とゆう気持ちは誰しも持っていますが年齢と共にスケールを小さくして楽もうとゆう事です。
個人個人の考え方を他人が干渉することは出来ませんが、無理をした事で命の危険もあり救助の方のお世話になったでは、始末が悪いと思います。

体力はだんだん落ちている

賢明な皆さんはキチンとした休日を過ごしていると思いますが、ゆめゆめ体力を過信しないで下さい。
休日はもちろん家族と一緒に楽しんで良いと思います。
しかし、仕事を優先させた休日の過ごし方をしないと年月を経て小さな負担がかさなり、なかなか疲れが取れない身体になり、年齢を重ねた時、抵抗力が落ちた弱い身体になります。
休日は体調を良くし健康を増進する為に過ごしましょう。
そして空き時間はアイテム(飲み物、趣味)を工夫して、ゆったりくつろぎましょう。

休日に疲れてはいけません

休日の過ごし方のベストは疲れを取り心もリフレッシュさせたら、休日に疲れるような事をしないという事です。

関連記事

  1. 極力お金をかけないで休日を楽しくすごす方法

  2. 素晴らしい作家としての百田尚樹をもう一度確認する。4つのおすすめ…

  3. 人生を充実させる30代男性の休日の過ごし方

  4. 日常等で使える!! 簡単に誰でもできる読書術

  5. 私の趣味から始まった休日に行う2パターンの過ごし方

  6. 3000mの回廊を堪能!!1泊2日で行く静寂の白峰三山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る