menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

アナログサウンドを自宅で再現!WAVESのアナログEQ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代では、パソコン1台のなかでCDにできるくらいのクオリティの楽曲が完成できてしまう時代です。それゆえに、レコーディングに必要な機材を揃える必要がなくなってきて、昔のミュージシャンの自宅スタジオにあったようなド派手な山のような機材は、今ではほとんど見なくなりました。それでも、すくなからずハードウェアの機材がいまだにサウンドをブラッシュアップする上で使用されています。
主な例としてはコンプレッサー、イコライザーで、ハードウェアのイコライザーやコンプレッサーを使用して、楽曲に独特のアナログサウンドを加え、平たい聞こえ方になりやすいDTMに、独特なふくよかさを求めるのです。
しかし、実際にハードウェアを買うとなると、1台何10万円もしたり。さすがにそこまでの贅沢をできる人はそうそういないでしょう。しテクノロジーの進化により、そうしたハード機器独特の表現をプラグインでもかなりの完成度で再現できる時代になりました。実際にプロのサウンドエンジニアが、CD製作で使用し、そのクオリティには目を見張るものがあります。そこで今回は、プラグインエフェクトの老舗メーカーであるWavesから、アナログシュミレートのイコライザーを中心に紹介してみたいと思います。



API 550A EQ

http://www.minet.jp/brand/waves/api-550/

昔のからっとしたサウンドが特徴のアメリカンサウンドなどでよく聞くことのできたAPIのモデリングイコライザーです API 550シリーズのイコライザーは長年、世界中のトップエンジニアに愛用され続け、今でもファンが多いメーカーの一つです。スピード感のある明るいサウンドが特徴で、太さがありながらも 抜けの良いサウンドが持ち味。そのサウンドをwavesがシュミレートしています。

http://www.minet.jp/brand/waves/veq3-4/

V-EQ3は、言わずと知れた極太サウンドをうみ出すメーカー、NEVEのイコライザーをシュミレートしたプラグインです。一世を風靡し、今でも第一線で使われ続けているNEVE1073というハードウェアのイコライザーがあり、このイコライザーの音を聞かないロックサウンドはないのではないでしょうか。アナログのイコライザーというのは周波数帯域が数字で固定されているため、パラメトリックイコライザーのような自由さは無いものの、音楽を作る上で楽器のおいしいところに焦点を当てて周波数が固定されているために、パラメトリックイコライザーにはない、リアルなザラつき感がこのイコライザーでも得ることができます。

SSL E-Channel

http://www.minet.jp/brand/waves/ssl4000/

レコーディングスタジオで目にすることのある大きなアナログコンソール。そんなアナログコンソールの 老舗メーカーであるSSLの 大ヒットコンソール、SSL4000のイコライザーをシュミレートしたのがこのSSL E-Channelです。
プロミュージシャンがレコーディングする際にコンソールのサウンドというのは、欠かすことのできないエッセンスになっており、特にロック系のミュージシャンではその音にこだわりをもっている方も多いです。
このSSL E-Channelも実際のコンソールのサウンドを、実によくシュミレートしており、少し触ってみるとCDで聞いたことのあるような、「あの」独特のかかり方が自分の楽曲で得ることができます。
ドラムにかけてみると、音像が無駄に暴れることなく立ち上がりの良いサウンドになり、ベースに使ってみると分離の良い低音が得られます。ギターでは良い歪みが得られ、いかにもなロックサウンドに仕上がります。ロックサウンドを目指す上では欠かすことのできないプラグインです。

関連記事

  1. 楽譜が無いなら作ればいい!楽譜作成に使えるアプリ2選

  2. DTMを始めよう!パソコンで音楽制作を行うには

  3. サウンドの向上が期待できる!定評のあるドラム音源

  4. 宅録ギタリストは必ず通る!代表的なギターアンプシュミレーター

  5. 楽曲のクオリティーを左右させる、ピッチ補正ソフト

  6. DTMerの憧れ!wavesのイコライザー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る