menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

初期のセンターは山田くんではなかった!フレッシュ感が魅力のHey! Say! JUMP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月に日本テレビの24時間テレビのパーソナリティを同じ事務所の先輩のV6とともにしたHey! Say! JUMPですが、彼らのデビュー8年目にして変わらないフレッシュな魅力とはどういうものでしょうか。
メンバーにスポットを当ててみました。



年齢差が大きいグループだけど仲良し

Hey! Say! JUMPは2007年に、バレーボールの大会で歴代V6、嵐、NEWSなどそうそうたるグループに続いてデビューをしました。
当時Hey! Say! JUMPが結成される前、現在のHey! Say! JUMPのメンバーである山田涼介さん、知念侑李さん、中島裕翔さん、有岡大貴さん、高木雄也さんのオリコンウィークリーチャート1位を獲得したHey! Say! 7のメンバーをメインに結成されました。

Hey! Say! JUMPはその名前のとおり、全員が平成生まれのメンバーで最年少は小学生で最年長は高校3年生と、ジャニーズ事務所のこれまでのグループより年齢差が大きいグループでした。
けれどこのグループにリーダーはいないこともあり、メンバー全員が注意しあったり励まし合ったりする先輩後輩関係ないジャニーズ事務所きっての仲良しグループとして成長を続けています。

仲良しグループすぎて先輩グループから、時折ケンカしたほうがいいと心配されるくらい、メンバー間は極めて良好です。
また、Hey! Say! JUMPはデビューから現在まで、すべてのシングルとアルバムでオリコンウィークリーチャートで1位を獲得しており、嵐同様ジャニーズの中心として活動を期待されています。

絶対センター山田涼介さんはデビューシングルでは3番手だった

Hey! Say! JUMPのセンターといえば、高い演技力やミステリアスな魅力そしてトークスキルなどに定評がある山田涼介さんですが、実はHey! Say! JUMPの初代センターは彼ではありませんでした。
デビューシングルUltraMusicPowerでは、センターを野ブタをプロデュースで亀梨和也さんの弟を演じた中島裕翔さんがつとめています。

中島裕翔さんはそれ以前もジャニーズジュニアの中心として活躍してきて、端整な顔立ちと素直な性格が魅力の一つとしてプッシュされてきました。
しかし、デビューシングル以降では立ち位置や歌詞の割り振りからして3番手に控えていた山田涼介さんがセンターに立ち、それ以降は中島裕翔さんは長身へ成長をしたことから後列へとポジションを変えられています。

ファンの間では二人の関係を危惧する声もありますが、最近では山田涼介さんと中島裕翔さんが曲のメインに並ぶことも多くなり、これまでのような格差も埋まってきていますし、お互いをリスペクトし合う関係とも言われています。

グループとして異色な非格差なアピール

ジャニーズ事務所ではKis-My-Ft2や一時期のSexy Zoneのように格差売りをするグループが目立っていますが、Hey! Say! JUMPの戦略にはそのようなものはなく、むしろ並列的な売り方が全面に出ています。
というのも、Kis-My-Ft2などは前列と後列の衣装が異なるのに対して、Hey! Say! JUMPは基本的に衣装は全員同じで、一部分のみ個人個人により異なるというくらい衣装の格差は感じられないようにしています。

売る出し方としてはAKB48などのようにメインや顔を明確に打ち出した方が世間へと認知度は上がりますが、Hey! Say! JUMPのように並列的な売り出し方は没個性と受け取られる恐れもありますが、ファンの間では格差をつくらないHey! Say! JUMPのアットホームな雰囲気に惹かれる人も多いようです。

対等な9人のメンバーが作り出すフレンドリーさは、Hey! Say! JUMP特有のフレッシュ感につながっているのかもしれません。

関連記事

  1. 私立恵比寿中学の私的おすすめ楽曲BEST5

  2. あのアイドル女優がもう27歳!人気絶頂にある1988年生まれ女優…

  3. セカオワのFukaseときゃりーぱみゅぱみゅと破局のその後

  4. AKB48グループコンサート前には必見!!各種イベント情報

  5. 滋賀出身のバンドが今アツイ!TMRとUVERWORLDだけじゃな…

  6. まゆゆセンター返り咲きへ!高いプロ意識とその素顔

コメント

    • みき
    • 2015年 10月 17日

    最高だね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る