menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

本当に必要なの?塾や家庭教師と勉強についての思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い夏休みも終わってしばらく経ち、
学生の皆さんもそろそろお休み気分が抜けてきた頃でしょうか。
受験生の方々は塾に行ったり、家庭教師をつけたりなどして、
夏休み中も勉強漬けの毎日を過ごした人も多いかと思います。
自分が希望する学校に入るために、成績の向上は必要不可欠ですよね。

ですが、そのために塾に行ったり、家庭教師をつけたりする事って、
本当に必要な事ですか?
皆がやっているから、”自分もやらなきゃ!”と思い込んではいないでしょうか。



自分の学生時代を振り返ると

最初に、僕自身がどうだったかと言えば、
初めて塾に行ったのは中学一年生の時の夏休みでした。
夏期講習と言われるものに行き、その時は夏休み中だけで終わりました。

その後、同じ塾の冬期講習にも、やはり冬休み中だけ行き、
両方とも目に見える成果(休み明けのテストの成績アップ)があったので、
中一の春休みから中学を卒業するまで塾通いを続けました。
僕が塾に通ったのは、この2年間と少しの期間だけとなります。

塾に行く目的は

ちなみに、僕は親に「行きなさい」と言われたわけではありません。
むしろ親は「行かなくていい」と言っていたのを、僕が無理やり「行く」と
半ば強引に押し切って最初の夏期講習に参加しています。
そうまでして「行く」と言った理由は、定期テストで出題された応用問題が
全くわからなかったからです。

平たく言えば、見たことがない問題や分からない問題を少なくしようと、
塾に行ってたくさん経験を積むのが目的でした。
そして、目的はちゃんと達成することができ、そのお陰で成績も上がりました。

行かされる、やらされるはダメ

何かで成功する人というのは、「~させられる」というものがほとんどありません。
むしろ周囲の人達が「やるな」とか「無理だ」というものに対して、
「そんな事はない。やってみなければわからない」と挑戦する事で、
自力で成功をつかむ道を作っていきます。高いモチベーションが、成功の鍵となっています。
勉強でも、これは変わりません。

ですが、塾に通う学生も家庭教師をつける学生も、そのほとんどが、
成績が悪いのを親が心配して、塾に通わせたり、家庭教師をつけたりしています。
つまり、勉強に対するモチベーションが低い状態なのに、
無理やり勉強する場に放り込まれて、“勉強させられている”生徒が多いのです。

モチベーションを上げるには

塾も家庭教師も、勉強に対するモチベーションが高い子に与えてこそ、
大きな効果を望むことができるものです。
そうではない子だと”何もしないよりは、まだマシ”程度の効果しか望めません。

では、そのモチベーションはどうすれば上がるのか?
答えは”勉強を好きになる”事です。
好きな事に対するモチベーションは、誰だって高いものですからね。

わかることが大事

では、勉強が好きになるためにはというと、
勉強したことがわかるようになれば、自然と興味を持ち好きになっていきます。
例えば、国語や英語であれば今まで知らなかった言葉を学んでいくわけですから、
その先に進んでいけば、今まで分からなかった・読めなかった文章を読んで理解できるようになっていきます。
数学や理科であれば、数の性質や計算の方法を学べば、
日常の買い物の計算からロケットを飛ばすための演算も
自分ですることができるようになりますし、生物や化学物質の仕組みがわかれば、
より安全なエネルギーの抽出方法や今までに存在しなかった
新しいものを作ることができるかもしれません。

社会では、世界中の国々の特徴や地理的な位置関係から歴史的な関係性と結びつけて、
現在の国際社会の関係を把握する手助けになったり、国内の政治などの仕組みから、
今話題になっているニュースに対する自分の意見が出せるようになるでしょう。
そうなれば、営業先での話題も増えて契約につながるかもしれません。
ただし、教えられたことを教えられた通りに使っているだけでは、
このような成果は期待できません。
学ぶこと、勉強することというのは、自分で出来る事が増えるという事と、
その増えた出来る事を使って、何ができるのかをちゃんと見つめて、
わかることが一番大切な事です。

最後に

僕は父に「満点はいらない。8割できれば、それでいい」と言われて育ちました。
なんでもできると、自分が本当は何が好きで、何が得意で、本当に出来る事が何なのかを、
見つめなおす時間を持たなくなり、結果実際には何もできなくなってしまう事を、
父はこの言葉で注意していたのだと思います。

塾や家庭教師は成績アップのために”なんでもできる”ようにするための手段です。
だからこそ、高いモチベーションを持ち、
何のために勉強するのかの目的を持っている子にはとても便利なものですが、
そうでない子に与えると使い方がわからず振り回されるだけの結果に終わりがちです。
安易に”周りがやっているから”と考えずに与えるのではなく、
高いお金を使って失敗する前に一度落ち着いて見つめなおして、
本当に必要かどうか考えてから行動してみましょう。

関連記事

  1. 記憶力を上げよう!! 一夜漬け学生には厳しい記憶術

  2. シチュエーションごとに使い分ける、便利なペンたち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る