menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

寝不足解消!快適な眠りを手に入れる3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代人はとにかく不眠症の人が多い傾向にあります。快適に心地よい睡眠をとることは日々のストレスや疲れをとるための最良の薬であるといえます。それでは快適な睡眠とはどういった睡眠のことでしょうか。

ただ沢山睡眠をとればいいというわけではありません。要は量より質なのです。睡眠で大切なのは眠り始め3時間にいかに質の良い睡眠を取れるかにかかっていると言われています。3時間の短くとも質の良い睡眠をとるためにおすすめな方法をご紹介します。

## 部屋は暗くする

当たり前のようで見落としがちなのは部屋を暗くする事です。「私電気付けたままでも全然眠れるわよ」なんていう人も多いはずです。確かに人間は明るくても眠る事はできます。

しかし電気を付けたまま明るい部屋で眠る事は睡眠を促すホルモンと言われているメラトニンが分泌されにくくなり睡眠自体の質が落ちる事で脳にも大きなストレスを与えることとなります。豆電球の明かりでさえ睡眠の妨げになりうるのです。電気を消すというのも簡単ですが、少し見方をかえてアイマスクを着用する事も確実に明かりをさえぎりメラトニン分泌にも効果的といえます。

最近では目を温めてくれて目の疲労回復になるものや可愛いデザインのものなど種類も沢山あるので自分のお気に入りのアイマスクを見つけるのも楽しいかもしれません。



口にするものを工夫する

基本的に何か食べるときは就寝時間の2時間前までとすることが良いとされています。就寝時間直前に食事をしたりおやつを食べたりすると消化する際に体に負担がかかり、体が休まらず質の良い睡眠をとる妨げになります。また飲み物にも注意が必要で、コーヒーや紅茶、緑茶などは脳を興奮させるカフェインが含まれていますので眠るどころか脳を目覚めさせてしまいなかなか眠りにつくことが困難になります。

また、アルコール類は睡眠導入剤代わりに飲む人も多いですが質の良い睡眠といった点では体も脳も働いてしま睡眠が取れているようで実はかなりエネルギーを消費してしまい結果体が疲労してしまいます。

安眠におすすめな飲み物はカフェインが含まれておらず安眠に効果的であると良く知られているカモミールティーを飲むことです。リラックス効果と共に質の良い睡眠を手に入れることに役立ちます。ちなみに冷たいものではなく温かい飲み物を飲むようにしましょう。体に優しくすれば脳を休める事に繋がり、それが良質な睡眠となるのです。

熟睡できるお風呂の入り方

日本人の習慣である湯船につかるという行為。これも実は睡眠をとるのに必要なものになっています。ただし温度に注意が必要です。疲れた体に暑いお風呂は体の疲れがよく取れると思いがちですが実は熱いお風呂に入ると体がびっくりしてしまい睡眠どころかすっかり目を覚まさせてしまうことになります。

なので体を休めるお風呂の入り方は温度に注意が必要なのです。37度~40度くらいの水温で少しぬるめかなといった温度が良質な睡眠に繋げる丁度良い入浴となります。

この時にリラックスできる香りの入浴剤やこりをほぐしてくれる入浴剤などを湯船に入れることで体を休ませ気持ちを落ち着かせることも効果的です。ちなみに入浴の際に気をつけて頂きたいのが入浴自体は就寝時間の一時間前までに済ませておくようにしましょう。

交感神経が興奮してしまい逆に寝付きにくくなってしまいます。お風呂を一時間前に済ませておいて就寝時間まで本を読んだり、リラックスできるような音楽を聴くことで就寝の準備をしましょう。間違ってもスマホやインターネットなど極度に目を疲れさせるものや、脳を興奮させてしまうようなものは避けるようにしましょう。

関連記事

  1. 気を付けて!寝る前のスマホは体に悪いですよ

  2. 睡眠不足が引き起こす重大なリスクとは!?認知症を予防しよう

  3. 元気にいるためには睡眠が大事!睡眠のちょっとした工夫!

  4. スマホを活用して寝坊防止と効率のよい睡眠を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る