menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

写真撮影やカメラは定年退職者に最適の趣味です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定年退職すると、まさに毎日が日曜日で、趣味や打ち込める何かを持っていないと時間を持て余します。定年前のサラリーマンに、こうした話をすると、現役時代からゴルフと旅行が趣味だから、自分はそれに打ち込むので、そんな心配はないと言う人が沢山おられます。

しかし、ゴルフは毎日コースに出る事は出来ませんし、何人かが集まってパーティーを組まなければラウンドできません。現役時代の月一ゴルフは、良い趣味かも知れませんが、定年退職後はゴルフだけで充実した毎日を送るには不十分です。
また、旅行はゴルフと違って1人でもできますが、毎日旅行する事もできず、旅行だけでも定年退職後の趣味としては時間を埋める事はできません。



写真撮影やカメラが定年退職者に最適な理由

もちろん、ゴルフや旅行を定年退職後も続ける事は良い事です。しかし、先に述べた様に、それ以外に1人でもコツコツ毎日楽しむ事ができ、時には同好の人達と一緒に楽しむ事ができる様な趣味をプラスで持つ事が必要なのです。

私は、この条件に当てはまる趣味として写真撮影やカメラの趣味がお勧めです。カメラが趣味と言うと、費用が掛かるでしょと言われる事も多いですが、機材に凝らなければ決して高くつく趣味ではありません。

むしろ、ゴルフなどより安上がりの趣味と言えるでしょう。もちろん、趣味としてカメラや写真撮影を本格的に始めるには、一眼レフカメラは必須です。しかし、デジタル一眼レフの初級モデルなら、ダブルズームレンズがキットとなって6万円台でも購入できる時代です。

最初は、こうした機種で十分楽しむ事ができます。その上、デジタル化して以来、現像や焼き付けと言ったランニングコストが掛からず、普段はパソコンで撮った写真をチェックし、楽しむ事が可能です。

年金生活者にとっては、ランニングコストが掛からない事は、趣味として長く続けるための条件の1つです。1人でふらっと撮影に出かける事ができる点、雨天や夜は撮影した写真をパソコンでチェックし、修正を加えたりして楽しむ事も可能です。この1人でコツコツ楽しむ事が可能な事が、定年退職者の時間を充実させるために重要な要素であり、写真撮影やカメラはその条件を満たしているのです。

更に風景写真や神社仏閣などの撮影を楽しむ場合、ベストショットを目指して結構あちこち歩き回る事が多く、初老の人にとってはウオーキングをする効果もあり、健康にも良い趣味と言えるのも魅力です。

趣味としての写真やカメラの楽しみ方

写真撮影やカメラの具体的な楽しみ方として、地域や職域OB会などのサークルに入り、同好の人達とワイワイ楽しむ事は、社会との接点を持ち続けられ、楽しみ方の1つのポイントです。しかし、こうしたサークル活動は、月1回や2回の定例会が普通で、普段はそのサークルに持ち寄る互選の為の作品制作に情熱を傾ける楽しみ方もあります。

また、少し腕が上がればフォトコンに応募するのも良いでしょう。しかし、フォトコンのレベルは高すぎ、そこまで到達できなくても、多くの人に自分の撮影した写真を閲覧してもらい、それを趣味の励みとする楽しみ方もあります。

具体的には、ストックフォトサイトに写真をアップする楽しみ方です。ストックフォトサイトは芸術性を求めると言うより、商用で購入される事が多く、売れる写真は写真の構図やテクニックに芸術性とは異なる要素もあります。

しかし、綺麗で基本のしっかりした写真が要求されるのはフォトコン等と同じです。ストックフォトサイトは、写真を売るサイトですが、写真が売れる事より、サイトの審査員がキーワード毎にアップする写真にお勧め順を付けます。この順位で上位を占める事も励みとなります。上位にアップされるほど、一般的には閲覧者が増え、こんなに多くの人に自分の作品を見てもらえている事が大きな励みとなるのです。

若い頃から趣味として写真やカメラに親しめれば更にベターです

現役時代には、仕事に追われ、こうした没頭できる趣味は中々持てません。しかし、付き合いゴルフも大切かも知れませんが、上手に時間を使って若い頃から写真撮影やカメラに親しむ事ができれば、なおベターです。
時間を持て余す定年退職後は、迷わず写真やカメラに没頭し、高齢になって始めるより、はるかに上達が早く、趣味の奥行や幅を一層広げる事が可能になるのです。
写真撮影やカメラの趣味は、定年退職者のみならず、若い人にも、もっと親しんでほしい趣味と言えるでしょう。

関連記事

  1. スマホのカメラは高画質なので、スキャナ代わりに本のページ撮影に使…

  2. あなたのデジタルカメラは、コンパクト派?一眼レフ派?

  3. せっかく撮影したお気に入り写真を活用する!

  4. 私の愛用のカメラ、LUMIX GF6をご紹介!

  5. スマホもいいけど、今おすすめしたいデジカメとは?

  6. 簡単な知識でワンランクアップ!デジタルカメラでの写真撮影術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る