menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

Windows10で原点回帰!マイクロソフトが打ち出したラストOSへの期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10の登場により、気になるのがパソコンの買い換え時期ですが、今回はこれまでとはずいぶんその様相が異なるようです。
Windows10は果たしてマイクロソフトのラストOSとなるのでしょうか。



Windowsのリリースは毎回悲喜こもごも

これまでマイクロソフトはWindowsXPやVista、7、8などほぼ数年に一度のペースで新しいOSをリリースしてきています。
そもそもOSというのはパソコンの頭脳をさす部分で、マイクロソフト以外だとアップルではOSXと呼ばれていたり、またスマートフォンの分野ではIOS、グーグルではAndroidと呼ばれています。
マイクロソフトの場合、これまでOSは数年ごとに大々的にリニューアルされてきましたが、そのたびにユーザーはパソコンの買い換え、あるいは新しいOSの有料ダウンロードが必須となってきました。
もちろんパソコンには寿命がありますし定期的に買い換えるのはパソコンをよく使う人ほど故障に備えていいのかもしれませんが、それでもやはり新しいOSの登場によりユーザーに何らかの負担がこれまではかかっていました。
特に、セキュリティ対策などのサポートが古いOSには期限があるため、そのたびにニュースなどで取り上げられてきて、このセキュリティサポート切れの問題はマイクロソフトとしても然るべき問題でした。
しかし、今回はこれまでとはその様相がまったく異なるようです。
というのも、マイクロソフトが発売したWindows10は、マイクロソフトの最後のOSだといわれているからです。

待望のWindowsの無料アップグレード

Windows10がなぜラストOSだといわれているのでしょうか。
そのわけはというと、マイクロソフトによるとこれからはWindows10をベースにした小さなアップグレードを繰り返していくことで、OSを新たに作り直すことはなくユーザーは継続的にアップグレードができるというものです。
これだけを聞くと、本当にそんなことが可能なのかと耳を疑いたくなりますが、マイクロソフトが方針を転換しないかぎり恐らく事実上実行されるものと思われます。
なぜかというと、現在すでにアップルはそのようなサービスを行っており、OSXのアップグレードは無料で、グーグルもAndroidのアップグレードは無料で行っています。
しかし、アップグレードのさいに自分のパソコンがアップグレードのために必要な空き容量などがないと、あるいは低スペックでは希望どおりアップグレードができない可能性もあるため、ユーザーは定期的なアップグレードを将来的に期待するのなら、ある程度高スペックのパソコンを保有することが前提となってきます。

原点回帰と新機能が詰まっている新OS

それでは、現在保有しているパソコンがWindows8、7などのユーザーは、マイクロソフトの新OSにアップグレードをするにはどうしたらいいのでしょうか。
それは、マイクロソフトはインターネットに接続しているWindows8のユーザーを中心に、Windows10への無料アップグレードを推奨しています。
7月からこれは可能とており、世界中のユーザーが順次Windows10へのアップグレードに臨んでいます。
そもそもWindows10にアップグレードするメリットは、セキュリティサポートの期限切れがほぼなくなるという以外に何があるのでしょうか。
まず、大きく叫ばれているのがWindows8で一度消滅したスタートメニューの待望の復活です。
スタートメニューの復活により、これまでの旧ユーザーへのユーザビリティとなっていて、アップグレードによる違和感が少なくなることが予測されています。
またこのほかにも、マイクロソフトの新しいブラウザーであるEdgeなど、ユーザーが期待している新機能も付属しています。
また、それだけでなく使いやすさに一段とこだわりを持って、スタートメニュー復活など原点回帰の動きもか見せているのがWindows10の特徴なっています。

アップグレードをする前に気を付けること

7月からWindows10へのアップグレードをするユーザーもいますが、さて自分のパソンもWindows10にしたいという人は少しだけ注意したほうがいいことがあります。
それは、Windows10はまだ本格的に導入されていないため、一部のソフトウェアなどでは安定した動作が確認できていないようです。
アップグレードをした人の中にも、そうしたこれまでのソフトウェアに対する動作がサポートされていなく、あえなくWindows10からのアップグレードを戻したというユーザーもいます。
なので、いずれの場合もWindows10へアップグレードする前には、パソコンがいつでも過去の状態に帰還できようにバックアップをとることが必須といえます。
また、バックアップはワードやエクセル、写真というようなものだけではなく、OS全体のバックアップをしっかり取ることが大切で、パソコンのリカバリーをできるようしておくことが大切です。
また、あまりパソコンに詳しくないユーザーは無闇にアップグレードをするより、秋に迫るメーカーのプリインストールのWindows10モデルを購入することが、現状のパソコンの状態を維持するためにもいいかもしれません。

マイクロソフトがWindows10で狙う分野とは小型端末へのOS普及

Windows10はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットの共通プラットフォームとして今後、様々な搭載機器が登場してくると予想されています。
特に、マイクロソフトはWindows8時代にOS搭載スマートフォンのシェアがグーグル、アップルの二強の間に割って入れなかったことから、スマートフォンなどの小型デバイスへの意気込みが半端なものではありません。
最近人気を集めている腕時計型小型デバイスへのインストールなどにも応用できることから、マイクロソフトとしてはこれまでシェアトップのパソコン分野だけではなく、遅れを取っているアップルやグーグルの得意分野でのシェア拡大をWindows10を起爆剤に狙っています。

関連記事

  1. パソコンの小型化はここまできた!スティック型PC

  2. 事務職で働いている人必見タイピングゲームでタイピング力を鍛えよう…

  3. スマホとPCのパスワードが一元管理出来る「keepass」

  4. Wordだけじゃない!文章作成をソフトとデバイスで快適にする方法…

  5. 作業能率格段にアップ!ノートパソコンを自分好みにする方法

  6. ノーパソに近づいている!省スペース化が進むデスクトップパソコンの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る