menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

本の内容をすぐに理解するための「本の効果的な選び方」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で知識や情報を得るために、本を買って読むことがあるでしょう。その際、どんな本を選べばよいか迷うかもしれません。

その時は、目次が細かくついているもの、章ごとにまとめがあるもの、視覚化されているものを重視して選ぶとよいでしょう。

そうした本であれば、一読してすぐに内容を理解できるはずです。



目次が細かくついているものを選ぶ

本から知識や情報を得る際に、いきなり読み始めても、内容が頭によく入って来ないでしょう。

人間は、一歩引いて全体を俯瞰し概要を把握してから、個別の詳細な内容に入っていくことで、中身がスムーズに頭に入っていくものです。

そこで、本を選ぶ段階で、目次がついているかどうかをまず確認しましょう。ある程度細かい章まで示している方が望ましいです。

目次が詳細にあり、しかもわかりやすい構成になっていれば、そこから全体像をイメージできるはずです。

章ごとのまとめがあるものを選ぶ

次に、章ごとにまとめがなされている本を選びましょう。

1つの章を読んでいるうちに、その内容に没頭して、読み終えた段階で何が書かれていたのかを思い出せないことがあります。

そのまま最後の章まで読み続けると、結局全体を通してどんな内容だったのかもわからなくなります。

その点、各章の終わりの段階で、その章のポイントを簡潔にまとめられていれば、その都度内容を把握でき、次の章にスムーズに進めます。

視覚化されているものを選ぶ

最後に、出来る限り視覚化されている本を選択しましょう。

世の中には、小さな文字で文章だけで書かれた本があります。しかし、それでは内容をイメージしにくく、読む気もなくなってしまいます。

その点、図表やグラフなどを用い、白黒ではなくカラー刷りにして、レイアウトも工夫した本ならば、読む気が起きて、一読して内容が頭に入ってくるはずです。

ビジュアル化を意識して、視覚に訴える形で書かれた本を選ぶことが、その内容をすぐに理解するうえで大切です。

関連記事

  1. 事務職で働いている人必見タイピングゲームでタイピング力を鍛えよう…

  2. 仕事を効率化させるためには業務改善が必須!小さいところからはじめ…

  3. だらだらせず効率的に仕事をこなすための「集中力の高め方」

  4. 脳の科学、ヒトのやる気を出すモノとは? やる気スイッチの場所

  5. 仕事を成功させる為には常に10分前行動を!

  6. 経験や知識の蓄積が仕事の効率化に役立つ!「ノウハウ蓄積の重要性」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る