menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

お魚嫌いも泣いて喜ぶ!? ムニエルにして絶品の魚たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、日本人のお魚離れが叫ばれて久しいですね。

今や魚よりも肉のほうが多く食べられるようになりました。

しかし、魚には肉にはないおいしさや栄養素があり、積極的に取ったほうが絶対によい食材です。

そこで、魚が苦手な人でもおいしく食べられる絶品魚料理ムニエルにして、特別においしい魚たちを紹介します。



シタビラメ

やはりムニエルといったらシタビラメです。

シタビラメは身の繊維が短く油を吸いやすく、ムニエルにすればジュワッと溢れ出る、まるでトロのような脂の甘さが味わえます。

スーパーや魚屋では皮を剥いて売られているので、家庭では塩コショウして粉をふって焼くだけ。

シタビラメ1尾あたり豚ロース肉一枚程度の価格で買えますので、価格的にもおすすめです。

タチウオ

ムニエルにして最強クラスの魚がタチウオです。

夏に旬を迎えるため、今まさにたくさん売られている魚だと思います。

タチウオもシタビラメと同様に身の繊維が短く油を吸いやすく、トロ以上の脂の甘さを味わうことができます。

また身離れがいいので、フォークとナイフで食べるのにも適しています。

価格は決して安くはないですが、味から言えばもっともおいしいと言っても過言ではありません。

皮が銀ピカのほど鮮度が高く、皮は絶対に取らずにそのまま調理してください。

生鮭&サーモン

国内産の生鮭、またはノルウェー産などの輸入サーモンもムニエルと相性は最高です。

国内産の生鮭は脂の乗りが程よく、脂と身、両方のうまさを味わうことができます。

輸入サーモンは脂の乗りがダントツですから、まさにトロ、いやトロ以上の脂が溢れ出します。

コツは生鮭もサーモンも皮をカリッと焼くこと。

魚の中でも1〜2位を争う絶品の皮をおいしく食べないともったいないですから。

モウカザメ

モウカザメは標準和名をネズミザメといい、関東地方で多く食べられているサメ。

サメというと敬遠されがちですが、実はバターの風味と特別相性のいい、とてもおいしい魚なんです。

そして、上三つの魚と比べて圧倒的に安く、家計にも優しい魚でもあります。

鮮度の良い物を選ぶコツは、透明感がありホワイトピンク系の色味のものが新鮮な証。

あまり白濁をしていると、もしかしたら鮮度が落ちているかもしれません。

調理の前に、酢でサッと身を洗ってやると、ニオイはほぼ完璧に取れます。

魚が苦手な人でもムニエルなら絶対においしく食べられると思います。

おいしく魚を食べて、魚ならではの栄養を積極的に取るようにしてください!

関連記事

  1. 何しろ役に立つオリーブオイルの利用法をちょっとだけ

  2. 頂きすぎた魚の冷凍保存を上手にするテクニック教えます!

  3. ツナみそうどんのレシピ。リメイクも可能です。

  4. 炊飯器を圧力鍋の代わりに。ポトフも煮物も楽々

  5. 家族が笑顔になる時短料理で爽やか料理上手

  6. 短時間で美味しい「フライパン炊飯」のヒミツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る