menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

学校で習う代表的なダンス、創作ダンスとフォークダンスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋らしくなってきて運動会の季節が近づいてきました。運動会といえば小学校から高校までダンスはつきものです。

きちんと覚えて上手く踊れるようになるために、本番に向けて何回も練習します。

そこで学校で習う代表的なダンスである創作ダンスとフォークダンスについて詳しく述べていきます。



創作ダンス

創作ダンスは1つのテーマに基づいて表現したい内容を身体の動きによって表現します。

そして思想や感情が大きく起因しており、美しくリズミカルに表現します。

高度な作品を作り上げるためには柔軟性や力強さ、バランス感覚などと高度なテクニックを要求される場合もあります。

そのためには体の柔軟性を身に着け、バレエの基礎を身に着ける必要性もあります。

また、歩き方は走り方といった一番単純そうにみえる動きも実は奥が深く、いろいろな動きの中でもかえってそれらが一番難しいです。

そして雰囲気を各自が感じ取る必要があり、それゆえに1人1人が自分の持ち場や役割をよく理解して

まわりに気を配りながら踊る必要があります。協調性やチームワークも要求されます。

また、1つ1つの動き方も奥が深く、手足の動きや腰の動き、そしてその動きも内容を表現するのにふさわしいか、

それに集団としての対比、配置などと様々な工夫が必要です。また伴奏音楽の選び方も大切です。

踊りと音楽がマッチしていることも良い作品であることにおいて大きな要因です。

現代舞踊に近いところもあり、美的感覚や美的センスも要求されて鑑賞にふさわしい踊りであり、そして芸術作品ともいえます。

フォークダンス

フォークダンスは組みになって行い、相手にあわせてリズムにのって楽しく踊り、同じパターンの動きを繰り返します。

1フレーズごとに相手がいろいろと変わってきます。

この踊りは老若男女を問わず、幅広い年齢層の人に親しまれており、創作ダンスのように美的センスや表現力、芸術性を

要求されることなく、踊ることによって楽しさを味わうことができて気おくれすることなく踊れます。

そして踊ることによって互いに対して親しみや敬意が深まって距離が縮まるという、人間関係においても良い影響をもたらします。

関連記事

  1. 効率の良い運動におけるダイエット方法について

  2. 簡単にできる秋の憂鬱を吹き飛ばす3つの方法とは

  3. 手料理、自転車、お小遣い稼ぎ!休日の過ごし方、空き時間の楽しみ方…

  4. さまざまなスポーツにおける3つの類型とその特性について

  5. 毎日の生活の中でちょっとした空き時間でできるプチヨガがおすすめ

  6. ランニングで若返ろう!人生が変わるランニング

コメント

  1. Ok,? Lee mentioned aand thnen he stⲟpped and thought. ?The very best factor about God іs ???
    hmmmm?????..? He puzzled ɑs a result of hee had so many things that have been gгeat aЬout God however he wіshed
    to pick the most еffective one so he would win the game.
    ?That he is awarе of eѵerything. That?s really cool.
    Meankng he will help me with my homework.? Larry concluded with ɑ proud expresѕion on his face.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る