menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

1人暮らしのための”めんつゆ”があればなんでも大活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めんつゆと言えばそばやそうめんなど主に麺類に使うことを想像するでしょう。また冷たい麺類の料理に使うことから夏場以外にほとんど使わない人も多いと思います。そもそもめんつゆは魚介系の出汁と醤油などで造られる調味料のひとつです。ただの醤油ではなく魚介系の出汁が入っておりまたあっさりとした味わいですから数多くの料理に活用することができるのです。どんな料理に使えるのか庶民的な料理への活用をいくつかあげてみます。



代表的な庶民料理と言える卵ごはん

誰もがよくやる卵ごはん。卵をそのままのせて食べる人もいれば、醤油をかけて食べる人もいます。しかし、醤油ではなくめんつゆを活用すれば深い味わいになるのです。まず卵を別の皿に割りその上からめんつゆとごま油をかけます。そして卵ごとかき混ぜてごはんにかけるだけ。ずいぶんシンプルですがあっさりとしていていながらコクもある味わいで、ほのかに香るごま油が味を引き立てます。それぞれの調味料の量はお好みの量で。

ほうれん草のお浸し

ほとんどの人は醤油を使うことでしょう。醤油だけでは物足りないと感じたらめんつゆを活用すると新たな発見になります。湯がいたほうれん草の水気を絞り醤油とめんつゆを5:5でかけます。あとはほんの少し強めにほうれん草を絞って余分な醤油とめんつゆを取り除きます。これだけであとは何も味付けせずに食べるとこれもあっさりとコクもあるほうれん草のお浸しが完成します。

冬もめんつゆ。あったかい鍋の出汁として

冬になるとあったかい鍋を食べたくなり、スーパーなどで鍋用の出汁を買う人もいるでしょう。でもめんつゆだけでも十分美味しい鍋はできます。商品にもよりますがめんつゆ1に対して水4の割合で希釈してください。それを鍋にはってあとは豆腐や白菜などを入れてお肉は鶏肉のつみれやもも肉がいいでしょう。それだけで寒い冬にほっこりした気分になるあっさり鍋が味わえます。また鍋用の出汁より塩分も控えめで食べれる効果もあります。

めんつゆでも十分に美味しいのですができれば追いがつおのつゆのように2回出汁をとったものをおススメします。

たかがめんつゆ、されどめんつゆです。このほかにも考えればめんつゆの活用方法はいくらでも思いつけるすばらしい調味料のひとつなのです。

関連記事

  1. 秋なので、やはりさつま芋を美容的にも食卓へ

  2. 美味しく健康的に塩分を減らす工夫があるんです

  3. ベジタリアン必見!?自宅でつくれるひよこ豆のカレー

  4. お得に安く低価格高栄養価スープを作るために

  5. 炊飯器を圧力鍋の代わりに。ポトフも煮物も楽々

  6. 冷凍できる食品いろいろ。冷凍して家計の節約

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る