menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

おそるべし余熱パワー!煮物が簡単にできちゃった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母の味の代表のように言われる煮物ですが、なかなかうまく作れないものです。

昔は、冠婚葬祭においても近所の方々が集まって、料理を作っておりました。

メニューには、煮物がありました。

今や冠婚葬祭は、料亭の味、ホテルの味となっています。

歳を取って煮物がうまくなったなんてことは、自分を例に挙げても、あまりないようにも思います。

見よう見まねで覚えた家庭料理しか作れなくても、煮物の簡単な作り方をお教えいたします。



ヒントとなったもの

ある料理番組を見ておりましたら、「パスタの簡単な作り方」をやっておりました。

一つのフライパンでスパゲティを完成させるというものでした。

スパゲティをゆでないのですね。

フライパンで具を炒め、お汁多めのスープスパの状態を作ります。

その中に二つに折ったスパゲティを固いまま入れ、沸騰させて蓋をして火を切る。

10分ほど余熱で蒸らすと、あとは蓋を取って火をつけ、くっついた麺をぼぐしながら、自分の好みの固さに煮込めば出来上がり。

というものでした。

パスタ好きの私は、「そうか、そうか」とうなづきながら、何度も試してみました。

しかし欲張りな私は、たくさんの麺を入れるのでひどくくっついてしまい、ほぐすのに四苦八苦しておりました。

そんな時に、おそるべき余熱パワーを発見いたしました。

おそるべき余熱パワーで簡単煮物

煮物と言えば、時間がかかり難しい物というイメージが強く、どんな料理番組を見てもうまく作れたためしがなかったのです。

そういう意味では、お母さん、お婆ちゃんを尊敬しておりました。

母などは家に来たとき、娘のために大量の煮物を作って帰るほどでした。

ところがヒラメキ!

この余熱パワーなら、知らないうちに料理ができることに気が付きました。

しかも経済的!

ジャガイモ、大根、ニンジン、ゴボウ等の根菜類大きめに切って、しっかり食べたいという身体の要求にこたえられます。

それはいつも通りの手順でお鍋に入れて味付けもして、1〜2分煮たら蓋をして火を切り、あとは放っておくだけです。

外出して帰った頃にはお鍋は冷めていましたが、中のお野菜はぼどよく柔らかくなり、おまけに味までしみ込んでおりました。

そう、煮物の味は、火を切ってからゆっくりしみ込むのでした。

あとは、お食事の前に好みの固さにし、味付けを修正するだけです。

特に、皮と身が離れて煮すぎるカボチャは、この方法だと程よく煮えて崩れることもなくなりました。

仕上げは、ご家庭の好みでどうぞ。

色々レパートリーが広がりそうで楽しいですよ。

苦手意識を一点突破したら、ヘルシーな世界が広がりました。

関連記事

  1. ガス代を節約したいあなたに!圧力鍋を使って時短テク!

  2. 好き嫌いの多い子がパクパク食べる!簡単メニュー

  3. 一人暮らしでも健康で生き生きしたスマイル食卓

  4. 安くて美味しい!乾物の料理をマスターして賢い主婦になろう

  5. 空き時間や休日の有意義な過ごし方を考えてみよう

  6. 子育て主婦や兼業主婦の時短料理のためにできること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る