menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

簡単&ひと手間!秋の味覚「柿」を楽しむレパートリー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏の太陽を吸い込んだ夏野菜の季節が終わり、

次にやってくるのは栄養やうまみをしっかり蓄えた秋の味覚の季節です!

とりわけ秋を代表するフルーツといえば「柿」があります。

日本で古くから親しまれていて「古事記」などにも柿はすでに登場していたそうです。

しかし、りんごやブドウと比べるといまいちメジャー感に欠けてしまう柿。

そんな柿をぜひ食卓に並べて古の日本に思いを馳せるのも一興ではないでしょうか。

それででは、柿を楽しむ方法をご紹介します!



そもそも柿って栄養はあるの?

柿は、ビタミンCやβカロチンを豊富に含む果物です。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」とも言い伝えられています。

柿が赤く実りそれを食べていると風邪などひかず医者にかからなくなるということですね。

そのとおりに、風邪予防のほか二日酔いの改善、美肌効果もきたいできるとのことです。

これは、ぜひたくさん食べたいですね。

【食べ方1】超簡単!吊しておくだけ「干し柿」

最も定番の食べ方、というか古くからある保存方法ですね。

作り方は超簡単!

渋柿の皮をむいて、風通しの良いところに吊しておくだけです。

虫やカラスなどが寄ってこないようにネットで覆うと安心ですね。

徐々にしぼんでいって、茶色くなってカピカピしてきたら食べ頃です。

軽く揉むと表面が柔らかくなって丸みを帯びるので、ほんのり甘いお茶菓子になります。

言ってしまえば「ドライフルーツ」なので、刻んでパウンドケーキに入れたりしても美味しいです。

【食べ方2】コトコトじっくり「柿ジャム」

フルーツがあると作ってみたくなるのがジャムです。ある程度保存も利くし、柿がたくさんあるときにぜひお試しを!

作り方は、柿の皮をむいてヘタや種をとり、適当な大きさに切ります。

ゴロゴロとした食感を楽しみたければ、少し大きめに切っても美味しいです。

鍋に、柿と砂糖をたっぷり(グラニュー糖がいいみたいです)、そしてレモン汁を適量いれて、焦げ付かないように弱火で煮ていきます。

途中、ギョッとするような色になりますが、焦らずコトコト煮ていけばちゃんと柿の色になりますのでご安心を。

パンはもちろん、ヨーグルトにのせたりして朝のメニューにしてもいいですね。

【食べ方3】さっぱりひと品「柿と大根のサラダ」

果物ですが、サラダにもなります。

意外にも相性がいいのが大根。

柿と大根を食べやすい大きさに薄く切り、塩と酢で軽く揉んだらお好みのドレッシングだサッと和えるだけ!

お肉料理ともよく合います。常備菜として大活躍です!

【食べ方4】のせて焼くだけ【柿トースト】

え?という感じですが、これがかなり美味しい食べ方です。

食パンのスライスした柿をキレイに並べて、シナモンシュガーをふってトースターでちょっと長めに焼きます。

柿に火が通ってとろっと甘い食感になります。

シナモンとの相性もばっちり!

トーストというよりは、スイーツを食べているみたいです。

朝だけでなく、おやつにもおすすめですね。

いかがでしたでしょうか。

旬の物は美味しいし、カラダにいいと言っても普通に食べるだけだとなかなか手がでなかったりしますよね。

柿もこれだけレパートリーがあれば、十分秋を楽しめます!

お肌もキレイになって、二日酔いもしないなんて素晴らしすぎます!

旬の時期になって、スーパーで柿を見つけたらぜひ試してみてくださいね。

※ちなみに、渋柿は焼酎に漬けたり炭酸ガスを入れた袋に入れておくことで渋抜きができます。

そのまま食べたいという方はお試しください。

関連記事

  1. キャベツを芯まで使い切ろう!キャベツ活用レシピ

  2. 何しろ役に立つオリーブオイルの利用法をちょっとだけ

  3. 今日から実践。誰でも簡単に作れる卵料理の活用法

  4. 独り暮らしのお米の保存と、古くなったお米のちょっとした炊き方

  5. 冷凍できる食品いろいろ。冷凍して家計の節約

  6. 忙しくても自炊はできる!単身者向け簡単レシピ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る