menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

話題の学生活動のハンストとは何だったのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よくテレビやワイドショーを賑わせて(悩ませて?)いる報道、安保条約についての話。

つい先日まで、学生による「ハンガーストライキ」が行われてましたね。



まず、ハンガーストライキとは?

マハトマ・ガンジーが行ったものが起源とされる、非暴力抵抗運動の方法の一つで、何も食べずにストライキを行う、というもの。(または、塩と水以外は食べない)

つまり、このストライキを行う場合は、何も食べちゃいけないんです。自分の命を張ってストライキ活動をしなきゃいけない。死ぬか条件をのむかのどちらかしかないんです。

今回の学生たちは、結局何も食べなかったの?

いいえ、募金によっておにぎりやジュースなどを普通に食していましたし、彼らがいったい何をもってハンガーストライキといっていたのか全くわからないのです。

結果、ハンガーストライキをやっています!と言い、世間をにぎわせていましたが、彼らのみすぼらしい姿だけが発信され、その上にストライキ活動を行っている道で点字ブロックを封鎖することなど、「あってはならない」行為が目に付き、海外の報道も「日本の若者はいったい何がやりたかったんだ?」という結果だけが残ってしまいました。

最後に

自分が驚いたことが、ハンストをやっていたある学生のインタビューが「いい思い出になりました」というものだったということです。

えっ!?この子たち、思い出作りのためにハンストやっていたの?命ぜんぜん張ってないじゃない!いったい何がやりたかったの?とますます混乱。

つまり、彼らのハンストとは、安保条約とは一切関係なくただの夏休みの思い出作り、暑い夏をなんとなく反社会性の同い年の子達と「反対だー!日本をどうする気だー!」と反対を唱えつつ、中身は「あぁ、いい思い出になったなぁ・・・みんなと反社会を唱えるなんて素敵」と自分に酔いしれてる学生の群れだったということが私は情けなくて仕方がないのです。

これについては海外の報道も同じでしょう。

そして、こんなことが行われる日本はまだまだ平和ということです。

関連記事

  1. 現時点で箱根山と大涌谷の状況はどんな感じなのか?

  2. 消費税の10%引き上げが確定したが、良いのか悪いのか

  3. 石川県でマダニに咬まれて男性死亡、恐ろしい感染症SFTSとは

  4. 大規模な災害が身近な今!生き残るために気をつける事

  5. 大雨災害に大手銀行が住宅新築、修繕等に低金利貸付

  6. シリア難民、信じていいの!?そのニュースには裏がある?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る