menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

ウインドウ切替えソフト「VistaSwitcher」の利便性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsパソコンをお使いの方は、お仕事の時にしろ、またプライベートの時にしろ、複数のウインドウを開いて作業をすすめることが、しばしばあると思います。複数のウインドウを開き、並べたり重ねたりしながら色々と情報を参照してマルチタスクができることは、非常に便利である一方で、個人的に少し不便を感じるときがあります。それはウインドウの切替えの時です。この不便を解消してくれるソフト「VistaSwitcher」をご紹介したいと思います。



導入までの経緯

私は以前、デスクトップパソコンを主に使っており、ウインドウを切り替えの際には、マウスカーソルをタスクバーへ運び、そこで切り替えを行っていました。この頃はポインティングデバイスとしてマウスを使っていましたことがあったためか、あまり不便は感じていませんでした。

しかしその後、画面の小さなノートパソコンでの作業時間が長くなり始めた頃から、以前よりも頻繁にウインドウの切替えを行うことが多くなりました。また、この時にはポインティングデバイスとしてはマウスではなく、ノートパソコンに組み込まれているタッチパッドを使っていました。こうした要因があったからだと思いますが、切替えが面倒に感じられるようになり、効率的な方法を探し始めました。そうした時に見つけたのが前述の「VistaSwitcher」でした。

VistaSwitcherの特長

ウインドウの切替えにあたってはWindowsパソコンの場合、標準でショートカットキーが存在していますが、このソフトはその機能を置き換えて使うことができます。

インストール及びソフトの設定後に、ウインドウ切り替えの標準ショートカットキーの「tab+alt」を押すと、画面には「開かれているウインドウの名前」の一覧と、そのウインドウのプレビューが表示されるようになります。Windowsのタスク切替え標準機能では、ウインドウの名前が部分的にしか表示されませんが、名前一覧の表示はは私にとっては望ましいものでした。また、他のウインドウ切替えソフトでは、名前一覧のみが表示されるものが数多くありますが、「VistaSwitcher」は切り替えようとするウインドウのプレビューが表示される点も私にとっては魅力的でした。

設定など

「VistaSwitcher」の主な設定としては、選択するウインドウのプレビュー機能のオンとオフ、表示されるウインドウ名前一覧の文字の大きさや位置、機能を使うためのショートカットキーなどです。また、Windows標準機能にはない、このソフトの特長としては、同一の種類のソフト(エクセルやchromeなど)のみのウインドウ切り替えや、一覧の表示ができることです。こうした機能の組み合わせによって、以前と比べてウインドウの切替えは格段にスムーズに行えるようになりました。結果的に以前のデスクトップ環境でもこのソフトを使うようになり、デスクトップパソコンでもマウスなどを使った切替えよりも、より素早く切り替えができるようになりました。

最後に

この「VistaSwitcher」はWindows xp/vista/7(32/64bit)に対応しています(私はWindows8.1で使用しています)。みなさんもウインドウの切替えに多少の不便を感じた時には、ぜひ一度お試し下さい。

 

関連記事

  1. スマホとPCのパスワードが一元管理出来る「keepass」

  2. 今あえて見直すキーボード操作ファイラーの素晴らしさ

  3. パソコンのデスクトップはこれでスッキリ!

  4. Windows10に移行して増えるかも!?マカフィーの更新エラー…

  5. 事務職で働いている人必見タイピングゲームでタイピング力を鍛えよう…

  6. パソコンを保護する為にウイルス対策ソフトの導入を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る