menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 濃いキャラのシュールな笑いを楽しめる!「邦画とドラマ」
  2. 実話を元にした迫力と感動を見る!「韓国のドラマ3つ」
  3. イケメンの男性とドキドキの恋愛ができる!「4つのゲーム」
  4. もの凄い数の電子書籍の数を誇る!「4つのストア」
  5. 人気要素の模様替えに焦点!どうぶつの森ハッピーホームデザイナーの魅力
  6. RPGの楽しさを思い出させてくれる!エンタメ要素の満載のドラクエ8
  7. 買い物をする時こんなことに気をつけると節約できます!
  8. 気軽に楽器演奏を楽しむことができる!「4つのアプリ」
  9. 人気のヒーローで楽しめる!「3つのアクションスマホゲーム」
  10. 女性向けの気軽に運勢を占える!「3つのスマホアプリ」
閉じる

PlusNews(プラスニュース)

ダイエットの本質とは 肉体改造の方程式 理想の身体とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


氾濫するダイエットの方法

現代の日本は世界的に見ても先進国です。
先進国の特徴として、国民の肥満化が挙げられます。

食糧の供給が絶えることの無い私たちの国では、食べ過ぎが時として問題となります。
でっぷり突き出たお腹や、たっぷりとした二重アゴなど、単に見た目が悪いことを気にする人もいるでしょうが、
過度の肥満は見た目以上に健康に良くありません。
成人病の引き金にもなりえますし、脳卒中や糖尿病などは日本人の国民病ともいえる恐ろしい疾患です。
これらを予防するためにも太り過ぎの人はダイエットをするべきです。
しかし、巷にはダイエットと銘打つありとあらゆるノウハウが溢れています。
最近では食事の前に500mlの水を飲むだけ、のような簡単な方法も散見されます。
昔の極端なダイエット方法はともかく、現在のダイエット方法は優れた方法がとても多いです。
これら多くのダイエット方法は、言葉の表現や実践方法こそ違えど、核心の部分ではほぼ同じことを述べています。

失敗しないメソッド

それは「ダイエットに近道は無い」という事です。

多くの優れた方法は、どのような方法であっても1日や2日で完了するものはありません。
人間の細胞組織が新陳代謝で完全に変わるには最低3か月は要します。
実践し、さらに継続する。
単純ですがこれこそがダイエットの本質です。

ある日突然、「ダイエットが終わりました。よかった!」とはなりません。

私たちは習慣という名の轍を精神上に刻んでいます。
ダイエットはその轍を塗り替える作業ともいえます。

ダイエットの食事、食習慣とは

食べ物は大別すると炭水化物、たんぱく質、脂質に分ける事ができます。

実は、多くの太っている人はこの中で炭水化物を摂りすぎているのです。
一日に食べている炭水化物の摂取カロリー分を、たんぱく質に置き換える食事をするだけで体重や体型が改善される例も少なくありません。
「食べる量ではなく、食べる種類を変える」やり方です。
これを体系化したのが糖質制限食だといえます。
単純に食べる量が多すぎる、という人には当てはまりませんが、多くのダイエット実践者には有効な手段です。
ここで、ダイエットに有効な食事や食習慣のポイントをいくつか挙げたみたいと思います。

ながら食いをしない

テレビを見ながら、スマホをいじりながら、本を読みながら、という様な食事を控える。
食事以外の物事にも集中力が働くため、適切な食事量で満足感が得られず、食べ過ぎの原因にもなります。
スポーツ観戦に熱中していて、気づいたら目の前のご飯を平らげていた・・・という様な経験はないでしょうか。

一口ごとに箸を置く

何かを口に運んだらひとまず箸を置きます。
今食べている食材に注意が働き、噛む回数も増える効果があります。
よく噛んで食事をすると少量でも満足感が得られます。

食物繊維を意識的に多く摂る

野菜類などに含まれる食物繊維は脳の満腹中枢を刺激して満腹感を感じさせる効果があります。
野菜類のほかにはキノコ類にも食物繊維は豊富に含まれます。

温かい飲み物を摂取する

スープや味噌汁など、温かい飲み物を摂取すると胃で膨満感を感じます。
また、間食の習慣がある人は、代わりに白湯やホットのブラックコーヒーなどを摂取すると案外それで満足できたりするものです。

ノンカロリー食材の有効活用

前述のキノコやこんにゃく類は実質ノンカロリーの食材です。
ダイエットの初期にはどうしても適正な食事の量で満足できないものですが、かさ増しにこのような食材を使用することで食事の満足感も得られるうえ
食べ過ぎによるダイエットの挫折感なども回避できます。
また最近では、こんにゃくとおからで作った糖質ゼロの麺なども売られています。
少々高価ですが、食べやすく便利です。

食事は、ダイエットを語るうえで大きな要素です。

ダイエットを行う多くの人は、ダイエットをするうえで、食事の楽しみを犠牲にしなければいけないと考えています。
しかしそれは、すこしの工夫で想像以上に犠牲にしなくて良くなります。
(もっとも、太り過ぎで本当に生命に危険があるような人が、どうしてもダイエットしなければいけないというような場合では話が別ですが。)

また、適切な食事量や摂取カロリーなどは性別や年齢など個人で大きく違うので、かかりつけの医師などに事前に相談することを推奨します。

ダイエットの運動

ダイエットで重要になる運動は有酸素運動と筋力トレーニングです。
有酸素運動とは散歩やウォーキング、踏み台昇降運動などの緩やかな運動の事をいいます。
朝早くに公園で体操をしているお年寄りの方などがいますが、あれも有酸素運動です。
有酸素運動の効力は脂肪の燃焼です。
有酸素運動とはその名の通り、酸素を自らの身体に供給しながら行う運動の総称です。
真空の空間で火が燃えないように、身体の内部の脂肪も酸素を取り入れながら運動をしないとうまく燃焼しません。

また、急激に動く運動を行っても、有酸素運動ほどの脂肪燃焼効果がない事も確認されています。
難しく考えず、たんなる階段の上り下りや少しの散歩から始めてみましょう。

もう1つ重要な運動が筋力トレーニングです。

トレーニングによって筋肉量が増えるメリットに基礎代謝の上昇があります。
筋肉の消費する熱量(カロリー)が今までの基礎代謝に上乗せされるので、いわゆる「太りにくい身体」に体質が変わっていきます。
トレーニングも、専用的な器具を使う必要はありません。

腕立て伏せ、腹筋、スクワットなどをローテーションで行うだけで効果が期待できます。
慣れてきたならば、チューブトレーニングや専用の器具などを使用し、さらに負荷の高いトレーニングを取り入れても構いません。
注意するべきなのは、一度にすべてのトレーニングを行わない事。
腕立て伏せなら腕立て伏せだけをその日にするように設定します。
筋肉はトレーニング後、回復して初めて肥大します。
筋肉の回復には2日ほどかかる為、日によってトレーニングする部位と回復する部位に分けることで効率よく筋力がアップします。
有酸素運動は毎日行っても問題がないので、可能ならば、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて実践するとさらに効果的です。

総括

ダイエットに「これで良い」というモノはありません。

かつて麻薬常習者であり、今は健常者として生活している人の談に
「クスリを何日、何年止めたところで中毒が治ったと思ってはいけない。今でも、今日もクスリを止めよう、と毎日思っている。」
という言があります。
本当に良いダイエットというのは、本人にとって苦ではなく、継続が容易であるにも関わらず効果や再現性が高いものです。

一時に集中して減量したところで、そのノウハウやメソッドが日常生活に取り入れる事が困難であるなら良いダイエットとは言えないかも知れません。
ですが、どのような方法であっても基本的な部分(食事、運動)を守り、継続していけば必ず成果が表れます。
それを苦とするか楽とするかは本人の工夫で大きく変わることも事実です。
ダイエット中の時間を特別な生活、期間として捉えるのではなく、そのダイエット生活こそが自分にとって健康的で、あるべき暮らしなのだと理解するべきです。
これこそが自らの心に新たに作られた習慣の轍になります。

皆さんも、今から始められることから少しづつ始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 毎日の生活の中でちょっとした空き時間でできるプチヨガがおすすめ

  2. まぶしい、見づらい、目の不調をなんとかしたいときのQ&…

  3. 運動をしたいと思った時!ジョギングからはじめよう

  4. 貧乏な人必見!貧乏な人ほど元気でいられる!

  5. ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの長所と短所につい…

  6. あなたのシャンプー・リンスの仕方、合っていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

ページ上部へ戻る